研究助成対象者

研究助成対象者
稲盛財団 > 研究助成 > 研究助成対象者:2005研究助成対象者

2005年度研究助成対象者

(2005年4月時点)
  • 自然科学系/40件
  • 人文・社会科学系/10件
  • 名古屋大学
  • 大学院多元数理科学研究科 助手
    川平 友規(カワヒラ トモキ)
  • 正則力学系に付随するラミネーション
  • 宮城教育大学
  • 教育学部 助教授
    福田 善之(フクダ ヨシユキ)
  • 陽子・陽子核融合反応からの太陽ニュートリノ観測を目的としたインジウム・リン化合物半導体検出器の開発
  • 大阪大学
  • 大学院基礎工学研究科 助教授
    芦田 昌明(アシダ マサアキ)
  • 強相関電子系材料を用いた超高速光エレクトロニクスの研究
  • 東京大学
  • 大学院工学系研究科 助手
    岡林 潤(オカバヤシ ジュン)
  • スピン制御半導体における強磁性発現機構の解明;
    電子状態の精密測定
  • 九州大学
  • 大学院理学研究院 助手
    今福 泰浩(イマフク ヤスヒロ)
  • 多数の生物分子モーターが非線型相互作用することでおこるマクロな滑り運動の創発
  • 東北大学
  • 多元物質科学研究所 講師
    三ツ石 方也(ミツイシ マサヤ)
  • 有機非線形光学材料と金属ナノ粒子のハイブリッドナノ集積体による光-光変換素子の設計
  • 静岡大学
  • 電子工学研究所 助手
    川井 秀記(カワイ ヒデキ)
  • 光捕集機能を有するデンドリマーを用いたレーザー発振素子の開発
  • 九州大学
  • 大学院理学研究院 教授
    北川 宏(キタガワ ヒロシ)
  • 超プロトン伝導体による固体イオニクスの創成
  • 東北大学
  • 金属材料研究所 助教授
    宇佐美 徳隆(ウサミ ノリタカ)
  • 低コスト高効率太陽電池実現に向けたSi単結晶薄膜の異種基板上へのトランスファー技術の開発
  • 山梨大学
  • 大学院医学工学総合研究部 助教授
    内山 智香子(ウチヤマ チカコ)
  • 量子ドットにおける位相緩和の制御
  • 東京工業大学
  • 大学院総合理工学研究科 助教授
    大見 俊一郎(オオミ シュンイチロウ)
  • 新せり上げサリサイドプロセスによるサブ5nm級極薄SOI-MOSFETの作製
  • 北海道大学
  • 大学院情報科学研究科 助教授
    古賀 貴亮(コガ タカアキ)
  • 量子コンピュータ実現に向けた半導体スピン干渉デバイスの研究
  • 九州大学
  • 大学院総合理工学研究院 助手
    古屋 謙治(フルヤ ケンジ)
  • 超高速LSI製造に不可欠な新規低誘電率層間絶縁膜の開発
  • 東京大学
  • 生産技術研究所 助教授
    町田 友樹(マチダ トモキ)
  • 半導体核スピンエレクトロニクス素子における量子状態初期化手法の開発と制御技術の向上
  • 千葉大学
  • 工学部 助手
    椎名 達雄(シイナ タツオ)
  • 高散乱媒質中における光の高効率伝搬に関する基礎研究
  • 福岡大学
  • 理学部 助教授
    御園 雅俊(ミソノ マサトシ)
  • 純光学的な確率共鳴を利用したデジタル信号再生の研究
  • 京都工芸繊維大学
  • 大学院工芸科学研究科 助手
    粟辻 安浩(アワツジ ヤスヒロ)
  • 3次元瞬時生体計測並列デジタルホログラムに関する研究
  • 熊本大学
  • 大学院医学薬学研究部 教授
    水島 徹(ミズシマ トオル)
  • 複製開始蛋白質ORCに関する、活性制御機構の解明
  • 静岡大学
  • 理学部 講師
    丑丸 敬史(ウシマル タカシ)
  • 富士山3000mで緑葉のまま越冬する極限植物フジハタザオの解析
  • 名古屋大学
  • 大学院生命農学研究科 助手
    梶村 恒(カジムラ ヒサシ)
  • 森林昆虫の伝播する共生菌類の探索と影響評価
    -生物の多様性と進化の起源を探るために-
  • 広島大学
  • 大学院生物圏科学研究科 助手
    坂井 陽一(サカイ ヨウイチ)
  • 口永良部島リーフにおける性転換魚類の繁殖システムと性表現の可塑性についての生態学的研究
  • 北海道大学
  • 大学院理学研究科 COE研究員
    玉手 剛(タマテ ツヨシ)
  • サケ科魚類(サクラマス)雌の生活史二型の出現頻度における支流間変異
  • 北海道大学
  • 低温科学研究所 COE研究員
    戸田 求(トダ モトム)
  • 地球環境変化が森林生態系に与える影響に関するシミュレーション研究
  • 浜松医科大学
  • 医学部 教務職員
    堀口 弘子(ホリグチ ヒロコ)
  • 旧口動物の陸上侵出
    -なぜ甲殻類等脚目フナムシは陸に上がったのに海から離れられないのか?
  • 九州大学
  • 大学院農学研究院 助手
    橘 哲也(タチバナ テツヤ)
  • 性腺刺激ホルモン抑制ホルモンによる新たな脳内摂食制御機構
  • 高知大学
  • 医学部 助教授
    三井 真一(ミツイ シンイチ)
  • 精神遅滞原因遺伝子motopsin欠損マウスの行動学的解析
  • 早稲田大学
  • 教育学部 助手
    岡田 令子(オカダ レイコ)
  • 甲状腺刺激ホルモン分泌調節機構の変化と変温動物から恒温動物への進化
  • 京都大学
  • 大学院生命科学研究科 助手
    井川 善也(イカワ ヨシヤ)
  • 天然酵素に匹敵する高活性人工RNA酵素の創製を目指した合理的アプローチ
  • 徳島大学
  • ゲノム機能研究センター 教授
    原 英二(ハラ エイジ)
  • 哺乳動物の進化における癌抑制機構の発達とINK4a / ARF遺伝子座の役割
  • 大阪大学
  • 蛋白質研究所 助手
    西村 伊三男(ニシムラ イサオ)
  • ショウジョウバエを用いたニューロンの分裂終了機構の解明
  • 大阪大学
  • 大学院理学研究科 助手
    古屋 秀隆(フルヤ ヒデタカ)
  • 中生動物ニハイチュウの進化
  • 北海道大学
  • 北方生物圏フィールド科学センター 助手
    星野 洋一郎(ホシノ ヨウイチロウ)
  • 高等植物の人工受精技術の開発と受精・胚発生を制御する分子プログラムの解析
  • 東北大学
  • 大学院農学研究科 助手
    松本 浩道(マツモト ヒロミチ)
  • ラット胚性幹細胞株の樹立と発生工学への応用
  • 秋田大学
  • 医学部 助手
    佐々木 純子(ササキ ジュンコ)
  • PI(3,4)P2代謝と行動との関連
  • 神戸大学
  • 大学院医学系研究科 講師
    定 清直(サダ キヨナオ)
  • マスト細胞の活性化抑制因子Cbl-bの解析
  • 東京医科歯科大学
  • 大学院医歯学総合研究科 特任教授
    高柳 広(タカヤナギ ヒロシ)
  • 進化上保存された遺伝子発現制御領域の解析に基づく破骨細胞分化シグナルの研究
  • 京都大学
  • 大学院生命科学研究科 助手
    田中 義正(タナカ ヨシマサ)
  • 免疫細胞の非ペプチド性抗原認識機構における構造・機能相関解析
  • 大阪大学
  • 大学院医学系研究科 助教授
    堀江 恭二(ホリエ キョウジ)
  • マウストランスポゾンを用いた癌抑制遺伝子のスクリーニング法の開発
  • 東京大学
  • 大学院医学系研究科 客員教授 ※1
    宮崎 徹(ミヤザキ トオル)
  • アポプトーシス抑制因子AIMの機能制御による新しい動脈硬化の治療法の開発
  • 情報・システム
    研究機構
  • 統計数理研究所 助教授
    福水 健次(フクミズ ケンジ)
  • グラフ構造をもつ遺伝情報データの確率的統合に関する研究

※1 平成17年4月1日より専任教授として在職されます。

  • 三重大学
  • 人文学部 助教授
    久間 泰賢(キュウマ タイケン)
  • 後期インド仏教史における密教思想の位置付けについて
  • 日本大学
  • 大学院法務研究科 助教授
    渡井 理佳子(ワタイ リカコ)
  • 企業活動の国際化と規制行政の手法
  • 東京外国語大学
  • 外国語学部 助教授
    若松 邦弘(ワカマツ クニヒロ)
  • 先進社会における新しい利害の組織化
    1990年代以降のイギリスにおける利益集団と政治をめぐる議論の分析
  • 政策研究大学院大学
  • 政策研究科 研究助教授
    安藤 至大(アンドウ ムネトモ)
  • コンテストの設計と積極的差別是正措置の分析
  • 神戸大学
  • 経済経営研究所 教授
    上東 貴志(カミヒガシ タカシ)
  • PCソフト・音楽CD等のデジタルデータ化された製品に関する経済理論:
    市場競争と社会厚生の観点から
  • 山口大学
  • 人文学部 助教授
    高橋 征仁(タカハシ マサヒト)
  • 東アジア地域における日本製ポピュラー文化の普及と受容に関する調査研究
  • 静岡大学
  • 教育学部 講師
    山口 登代子(ヤマグチ トヨコ)
  • 箱庭療法における砂の治療的要因について
  • 京都大学
  • 高等教育研究開発推進センター 助教授
    溝上 慎一(ミゾカミ シンイチ)
  • 自己形成における自己のポジショニング的役割
    -他者に対する自己の本質の主張を力学的観点から検討する-
  • 京都大学
  • 総合博物館 助手
    上杉 和央(ウエスギ カズヒロ)
  • 本居宣長の地理的知識の形成
  • 広島大学
  • 大学院国際協力研究科 助教授
    外川 昌彦(トガワ マサヒコ)
  • バングラデシュの公的教育制度における宗教教育の実践と諸宗教の共存に関する文化人類学的研究

ページのトップへ戻る