盛和スカラーズソサエティ
(Seiwa Scholars Society)

盛和スカラーズソサエティ
稲盛財団 > 研究助成 > 盛和スカラーズソサエティ

研究助成を縁に、対象者相互の交流と親睦を深めることでお互いの研究のさらなる発展を願って、1997年に「盛和スカラーズソサエティ(Seiwa Scholars Society:略称3S)」を発足しました。専門分野が細分化され、学問全体が見えにくくなってきている近年、異分野間の横断的かつ学際的な思考の重要性がますます増しています。「盛和スカラーズソサエティ」の会員は、自然科学から人文・社会科学に至る大変幅広い分野の研究者で構成されており、研究発表、講演会、交流会、会報などの活動を通じて、専門分野を超えた交流をはかっています。

シンボルマーク

シンボルマークイメージ

3つの曲線は「盛和スカラーズソサエティ」の頭文字の3つのSを表しています。
3つのSは、かたちが少しずつ違います。それはSの持つ意味が一つずつ違うことを表しています。
3つのSが寄り添っているかたちは、会員間の親睦と交流を表しています。
円は地球(国際社会)を表し、そこで3つのSが波うつように拡大していくかたちは、3Sの会員が世界に向けて大きく貢献していく動きであり、それは21世紀に向けて、この会が発展していく姿でもあります。
会章の材料は京セラ株式会社のクレサンベールオパール(イナモリオパール)を使用しております。

活動について

総会

総会写真

盛和スカラーズソサエティでは、設立趣意に基づき、毎年4月に総会を開催し、講演会などを行うとともに、懇親会を通じ交流と親睦を図っています。

盛和スカラーズソサエティ会報

会報写真

この会報は異分野の研究者との交流と親睦を通じて、会員の方々の研究がますます発展することを願って、情報、意見、提案など幅広く掲載した情報誌(発行:年1回)です。

ページのトップへ戻る