京都賞

京都賞
稲盛財団 > 京都賞

京都賞の理念

私は昭和34年(1959年)に京セラ株式会社を設立し、セラミックの技術者として、エレクトロニクス・セラミックス、エンジニアリング・セラミックス、ストラクチャー・セラミックス等、さまざまなセラミック材料の開発に努力し、ニュー・セラミックス、ファイン・セラミックスの時代といわれる今日を築くことに、大いなる貢献を果してきたと思っております。

創立25周年、4分の1世紀を経過した今日、我々は今までの昼夜を分かたぬ、誰にも負けない努力の成果と、同時に神の導きがあって、年間売上額2,300億円、税引前利益530億円(※1)という企業にまで発展をして来ました。この時にあたり、かねてから私の人生観である「人のため、世のために役立つことをなすことが、人間として最高の行為である」という理念にもとづき、私が現在所有している京セラ株式会社の株式および現金、計約200億円(※2)相当を醵出し、人類の科学の発展、文明の発展、又精神的な深化、高揚の面に著しく貢献した人々に対し、京都賞を贈呈し、人類の進歩、発展にいささかでも貢献したいと思い、ここに京都賞の創設をいたしました。

この京都賞を受賞される資格者は、京セラの我々が今までにやってきたと同じように、謙虚にして人一倍の努力を払い、道を究める努力をし、己を知り、そのため偉大なものに対し敬虔なる心を持ちあわせる人でなければなりません。またその業績が世界の文明、科学、精神的深化のために、大いなる貢献をした人でなければなりません。さらにその人は自分の努力をしたその結果が真に人類を幸せにすることを願っていた人でなければなりません。

この京都賞を創設するについてはふたつの大きな理由があります。ひとつは、冒頭に述べた私自身の人生観にありますように、この世に於ける人類の最高の行為は、「人のため、世のために尽す」ということでありますので、今日まで私をはぐくんでくれた人類および世界のためにお返しをしたいということであります。ふたつには、人知れず努力をしている研究者にとって、心から喜べる賞が世の中にあまりに少ないことであります。少なくとも人一倍努力をし、人類の科学、文明、精神的深化の面で著しく貢献をした人を顕彰し、今後その面でのますますの発展の刺激になってくれればという気持からであります。
今後、人類の未来は、科学の発展と人類の精神的深化のバランスがとれて、初めて安定したものになるであろうと確信いたしております。現在、科学文明はますます発展をとげておりますが、人類の精神面における研究は、科学に対して大きく遅れをとっております。物事には、陰と陽、暗と明というように、プラスとマイナスという必ず二面的な世界が拡がっているはずであります。この両面がバランス良く解明され、発展してこそトータルの安定が果せるはずで、一方の面だけでの発展、肥大化は、宇宙のバランスをくずし、人類の不幸につながっていくと思っております。願わくは、この京都賞がこの両面の今後の発展に大きく寄与し、新しい哲学的パラダイムの構築を促進するいささかの刺激剤となれば、この上なく幸せに思います。

昭和59年4月12日

稲盛和夫 サイン

※ 1 1984年(昭和59年)3月末の決算金額

※ 2 1984年(昭和59年)財団設立当時の金額

京都賞について

1. 京都賞は、科学や文明の発展、また人類の精神的深化・高揚に著しく貢献した方々の功績を讃える国際賞です。毎年、先端技術部門、基礎科学部門、思想・芸術部門の各部門に1賞、計3賞が贈られます。

2. 受賞者は、各部門とも原則として個人ですが、複数名の受賞もあります。また、国籍、人種、性別、年齢、信条などは問いません。受賞者には、ディプロマ(賞状)、京都賞メダル(20K)および賞金が贈られます。 賞金は1賞につき5,000万円です。

3. 各部門とも4つの分野を授賞の対象としております。毎年それぞれの部門で授賞対象分野を定めます。

各部門の授賞対象分野

  • 先端技術部門

    ■エレクトロニクス

    ■バイオテクノロジー及びメディカルテクノロジー

    ■材料科学

    ■情報科学

  • 基礎科学部門

    ■生物科学(進化・行動・生態・環境)

    ■数理科学(純粋数学を含む)

    ■地球科学・宇宙科学

    ■生命科学(分子生物学・細胞生物学・神経生物学)

  • 思想・芸術部門

    ■音楽

    ■美術(絵画・彫刻・工芸・建築・写真・デザイン等)

    ■映画・演劇

    ■思想・倫理

4. 選考の対象となる候補者は、財団が年ごとに信任する国内・海外の有識者からの推薦によるものとします。

5. 選考は、各部門専門委員会、各部門審査委員会および京都賞委員会の3段階からなる京都賞審査機関によって、公平かつ厳正に行われます。

6. 受賞者の決定発表は毎年6月、京都賞授賞式および関連行事は毎年11月に行われます。

 

京都賞公式サイト

ページのトップへ戻る