ニュース

ニュース&トピックス
稲盛財団 > ニュース > お知らせ > 井口洋夫記念ホールが豊田理化学研究所に開設

井口洋夫記念ホールが豊田理化学研究所に開設

豊田理化学研究所(愛知・長久手市)は井口洋夫いのくち ひろお博士が日本の科学技術や同研究所の発展に大きく貢献したとして、今年5月、その敷地内に「井口洋夫記念ホール」を開設しました。


01_井口洋夫記念ホール外観   inokuchi

井口博士は1940年代後半、有機物質は電気を流さないのが常識とされるなかで、実験を重ね、電気を通す「有機半導体」を発見。昨今、薄型テレビのディスプレイ(有機ELテレビ)などに応用される有機分子エレクトロニクス分野の発展に大きく貢献されました。


03_展示の様子   04_ceremony

2007年、井口博士は「有機分子エレクトロニクスへの先駆的・根幹的貢献」により、京都賞先端技術部門を受賞されました。同ホールには京都賞ゆかりの贈呈品も展示されています。


05_lecture   06_lecture

また井口博士は京都賞の記念講演会において、学生時代の恩師や先輩からの教え、そして卒業実験のテーマだった炭素粉末(カーボンブラック)との出会いが、一生の研究課題となる有機半導体へつながる大きな力になったと熱く語られていました。
(博士による講演録の全文PDFはこちら。)

関連情報
▶第23回(2007)京都賞 先端技術部門受賞
井口洋夫博士/化学者
https://www.kyotoprize.org/laureates/hiroo_inokuchi/

▶豊田理化学研究所「井口洋夫記念ホール」
http://www.toyotariken.jp/inokuchi_hall/index.html

一覧に戻る
ページのトップへ戻る