KUIP(京都大学-稲盛財団合同京都賞シンポジウム)

KUIP

2013年12月、当財団と京都大学は「京都大学-稲盛財団合同京都賞シンポジウム(Kyoto University – Inamori Foundation Joint Kyoto Prize Symposium: 略称KUIP)の開催に関する覚書を締結しました。

シンポジウム開催の背景及び趣旨

松本紘 京都大学総長(右)と調印式で握手を交わす理事長(2013)

松本紘 京都大学総長(右)と
調印式で握手を交わす理事長(2013)

本シンポジウムは、京都賞への理解を広げることで世界中の研究者や芸術家を刺激し、科学技術・芸術の振興に寄与することを目的として京都大学が主催、企画・運営するもので、当財団は共催として支援しています。毎年、2年後の京都賞対象分野からテーマを選定し、国内外から当該分野の第一人者を招聘して開催される本シンポジウムは、2014年に第1回が開催され、専門分野の研究者や学生のみならず、一般市民へも開かれたシンポジウムとして実施されています。最先端の研究や学問・芸術の動向を発信するだけでなく、同じ分野同士、さらには領域を越えた研究者間での意見交換の場を設けるなど、学問の新たな発展への貢献が期待されています。
  • KUIP
  • KUIP
  • KUIP


ページのトップへ戻る