延兼 啓純 Nobukane, Hiroyoshi

北海道大学 大学院理学研究院助教※助成決定当時

2019稲盛研究助成理工系領域

稲盛研究助成助成対象研究者データ

採択テーマ
ルテニューム酸化物ナノ薄膜における新規高温超電導の探索
キーワード
研究概要
超伝導とは、金属や化合物などの物質をある温度(Tc)以下に冷却したときに電気抵抗がゼロになる現象です。もし私たちが普段生活している温度で超伝導になる物質(室温超伝導体)が発見されれば、私たちの社会にエネルギー革新が起きます。この夢の物質の開発のために多くの研究者が高温超伝導の研究を行っています。
本研究において私達は層状構造を持つルテニウム酸化物をナノスケールに薄膜化することでTcが上昇する可能性に注目し、これまでにない新規高温超伝導物質の開発を目指しています。

助成を受けて

近年、高温超伝導現象は多彩な物質において発見され、日々進展しています。稲盛研究助成を受けて私達も高温超伝導研究により一層精進してまいります。

領域が近い研究者を探す

理工系領域