余越 伸彦 Yokoshi, Nobuhiko

大阪府立大学 大学院工学研究科准教授※助成決定当時

2019稲盛研究助成理工系領域

稲盛研究助成助成対象研究者データ

採択テーマ
光渦誘起スピントロニクスの理論
キーワード
研究概要
電子の「電荷(軌道)」と「スピン」の自由度を駆使するスピントロニクスは爆発的な発展を遂げており、多くの成果はすでに実用化のフェーズにあります。さらに近年、これに光の自由度を付加した光スピントロニクスは次世代の技術として注目を集めています。しかし電子の自由度と比較すると、光の自由度はその「スピン(円偏光)」に注目が集まり、「軌道」については深く考えられてきませんでした。
そこで私たちは、軌道角運動量もつ光(光渦)により励起される電子について、その伝導現象や磁化ダイナミクスについて理論的に明らかにしたいと考えています。光渦の空間構造により変調された光学遷移選択則と、物質が本来有するスピン–軌道相互作用との協奏により、励起される電子は光渦誘起の新奇なスピン–軌道相互作用を受けることが期待されます。このような新奇なスピン–軌道相互作用に基づいたスピントロニクスを発展させ、スピントロニクス分野にさらなる制御性の可能性を提示したいと思います。

助成を受けて

このたびは、伝統ある稲盛財団の研究助成を頂きまして心より感謝しております。光栄に存じますと同時に、身の 引き締まる思いです。私のテーマは基礎科学的かつ萌芽的なもので、すぐに何か身近なものに応用されるようなものではありませんが、得られた研究成果や知識をいつの日か社会に還元できるよう、日々研究に精進したいと考えております。

領域が近い研究者を探す

理工系領域