貞清 正彰 Sadakiyo, Masaaki

九州大学 カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所助教※助成決定当時

2018稲盛研究助成理工系領域

採択テーマ
新規金属交換反応による高安定性ナノ細孔材料の開発
キーワード
研究概要
イオニクス材料は次世代のエネルギー循環型社会を担う燃料電池や二次電池の電解質として重要な材料であり、これまでに酸化物や有機ポリマーが主として研究されてきました。我々は新たな物質群として、ナノメートルサイズの無数の空隙を持つ固体である結晶性多孔体に着目し、既存の酸化物や有機ポリマーと比べ、より温和な条件で高いイオン伝導度示す新たなイオニクス材料を創出したいと考えています。

助成を受けて

駆け出しの研究に対して多大なご支援をいただき感謝の気持ちでいっぱいです。稲盛財団の方々には厚く御礼申し上げます。今後も有用な新規材料を合成することを通して、物質開発の面白さを皆さまにお伝えできればと思っております。

領域が近い研究者を探す

理工系領域