戸部 裕史 Tobe, Hirobumi

宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所助教※助成決定当時

2020稲盛研究助成理工系領域

採択テーマ
高温で駆動可能なPd-Ti-Zr形状記憶合金の開発
キーワード
研究概要
形状記憶合金は、自身が熱や力に反応して形状変化を生じることから、モータなどのいらない小型・軽量・高出力の駆動体として、幅広い分野で活躍しています。一方で、現在実用化されている合金の駆動温度は100℃以下となっており、家電、自動車、航空機、宇宙探査機、原子炉などにおいて、100℃を超える温度で駆動可能な新しい形状記憶合金が求められています。本研究では、Pd(パラジウム)-Ti(チタン)-Zr(ジルコニウム)合金という新しい形状記憶合金に対し、実用へ向けた特性改善を行うことを目的としています。

ひとこと

このたびは、稲盛財団研究助成にご採択いただき、心より感謝いたします。ご支援をもとに、より一層研究に励み、世の中をより良くすることに貢献したいと考えています。

領域が近い研究者を探す

理工系領域