儘田 正史 Mamada, Masashi

九州大学 大学院工学研究院助教※助成決定当時

2021稲盛研究助成理工系

採択テーマ
未踏有機レーザー色素骨格の網羅的探索と有機半導体レーザーの高性能化
キーワード
研究概要
有機エレクトロニクス分野の代表である有機ELは、今日ではディスプレイ市場で広く受け入れられています。そのような中、ポスト有機ELとして期待される新技術に有機半導体レーザー(OSLD)があります。電流励起で有機物をレーザー発振させるOSLDは2019年に実現されたばかりで、今後、材料科学・デバイス物理・光学など様々な面からの研究が求められています。そこで、本研究では、様々な骨格からなる有機レーザー色素を創出し、高性能デバイスを実現することを目指します。

ひとこと

この度は採択していただき心より感謝申し上げます。稲盛研究助成のご支援をいただけたことは大変光栄であり、身が引き締まる思いです。有機レーザー分野で学術的にも応用的にも貢献できるように研究を発展させていきたいと思います。

領域が近い研究者を探す

理工系領域