酒井 和哉 Sakai, Kazuya

首都大学東京 大学院システムデザイン研究科准教授※助成決定当時

2019稲盛研究助成理工系領域

稲盛研究助成助成対象研究者データ

採択テーマ
暗号化されたデータを用いた秘匿性の高い機械学習アルゴリズムの開発
キーワード
研究概要
近年の機械学習分野におけるブレークスルーとクラウド環境の普及は新たなビジネス・パーソナルサービスを創出しつつあります。それらの新技術を有効活用するには、そこで利用される訓練データの質と量が極めて重要です。しかしながら、訓練データには個人情報が含まれていることがあります。またデータ自体が企業や組織の資産であるため、パブリックな機械学習サービスの普及には至っていません。そこで本研究では、複数のクラウドに保存された訓練用の暗号化データを安全に処理するプライバシー保全型の機械学習アルゴリズムを開発します。

助成を受けて

これまでに世界レベルの研究を支えてきた稲盛財団から、本研究をご支援頂きたいへん光栄に思っております。データの安全性とプライバシーを担保しつつ、さまざまな機械学習サービスのセキュリティ基盤を開発することによって社会に貢献できればと思っております。

領域が近い研究者を探す

理工系領域