田中 裕也 Tanaka, Yuya

東京工業大学 科学技術創成研究院助教※助成決定当時

2022稲盛研究助成理工系

採択テーマ
ラジカルの非局在化による安定化を鍵とする有機金属単分子スイッチの開発
キーワード
研究概要
分子スイッチは分子で電子回路を構築する分子エレクトロニクスに必要不可欠な材料です。特に酸化還元刺激に応答する分子スイッチはデバイスへの実装が容易なことから注目されています。一方、既報の酸化還元応答型分子スイッチはON/OFF比が低く、また酸化還元により生じるラジカル種が高反応性のために不安定であるという課題がありました。そこで本研究では高伝導・可逆的・高ON/OFF比を持つ単分子スイッチの開発を目的とし、有機金属錯体を基盤とした分子スイッチの合成と単分子電気伝導度計測に挑戦します。

ひとこと

ご支援をいただき稲盛財団関係者の皆様に感謝申し上げます。分子エレクトロニクスは材料化学・界面化学・物理化学を含む、まさに学際領域の研究分野です。本研究支援を通してさらに多方面に研究を展開していきたいと思います。

領域が近い研究者を探す

理工系領域