松本 拓也 Matsumoto, Takuya

大阪府立大学 大学院工学研究科助教※助成決定当時

2020稲盛研究助成生物・生命系領域

採択テーマ
有機溶媒に耐性を有するPET分解酵素の開発
キーワード
研究概要
2019年の大阪G20サミットでも取り上げられたように廃プラスチックの処理は現在、世界的な問題となっています。本研究では、ポリエチレンテレフタレート(PET)を分解可能なPET分解酵素を用いた処理法に着目しています。PET分解酵素はPETを微生物が代謝できるモノマーに分解することが可能ですが、野生型の酵素では分解活性や溶媒安定性が十分ではありません。そこで、進化分子工学的手法を用いてPET分解酵素の溶媒安定性を向上させることで効率的なPET分解を可能にし、廃プラスチック問題の解決に貢献します。

ひとこと

この度は、稲盛財団研究助成の対象に選出頂きまして誠に有難うございます。本研究課題に取り組むことで廃プラスチック問題の解決へ貢献できるよう努めていきたいと思います。

領域が近い研究者を探す

生物・生命系領域