三嶋 雄一郎 Mishima, Yuichiro

京都産業大学 生命科学部准教授※助成決定当時

2019稲盛研究助成生物・生命系領域

稲盛研究助成助成対象研究者データ

採択テーマ
遺伝暗号に隠されたmRNA安定性コードの包括的研究
キーワード
研究概要
近年、mRNA安定性制御が高次生命現象に必須な制御階層であるとの認識が広まりつつあります。私たちは、ゼブラフィッシュ初期胚をモデルとした独自の研究から、遺伝暗号であるコドンの組成が初期胚におけるmRNAの安定性を決定していることを発見しました。この結果は、ORFにはアミノ酸配列だけでなく、mRNAそのものの運命に関わる情報がコードされていることを意味しています。しかし、このコドンに隠された第2の情報がどのようにして読み出され、どのような生理的役割を果たしているのかについては、まだほとんど明らかになっていません。本研究では、我たちがゼブラフィッシュにおいて構築してきたRNA実験系を応用・発展させ、(1) mRNA安定性コードの分子レベルでの解読、 (2)mRNA安定性コードを感知するメカニズムの解明、(3) 個体発生におけるmRNA安定性コードの役割の解明、を並行して進めることで、mRNA安定性コードの包括的な理解を目指します。

助成を受けて

私たちの研究は、生命のしくみに関する素朴な疑問に基づいた研究です。このような基礎研究をサポートしていただき大変ありがたく思います。稲盛財団の助成を追い風に、面白い成果が出せればと思います。

領域が近い研究者を探す

生物・生命系領域