森下 英晃 Morishita, Hideaki

順天堂大学 大学院医学研究科講師※助成決定当時

2022稲盛研究助成生物・生命系

採択テーマ
生体の恒常性と変容を支える新規細胞内分解機構の同定
キーワード
研究概要
生体が正常に発生し、長期間にわたって機能を維持するためには、その構成要素である細胞内のタンパク質やオルガネラを状況に応じて選択的に分解するシステムの存在が必須となります。私は最近、水晶体の発生過程で起こる全オルガネラ分解現象の分子機構の解析を通じて、従来知られていたオートファジーとは異なる新しいオルガネラ分解機構の同定に初めて成功しました。本研究では、マウスやゼブラフィッシュなどの脊椎動物の各組織で起きている多様な細胞内分解現象を詳細に解析することで、未知の細胞内分解機構を発掘し、新たな科学的知見および種々の関連疾患の病態解明への貢献を目指します。

ひとこと

臨床研修において種々の疾患の治療困難性を痛感し、基礎医学の道に進みました。 本研究では「In vivo cell biology (生体内での細胞生物学)」を切り口とした新たな研究領域の創出を目指し、最新のバイオイメージング、ゲノム編集、プロテオミクスなどの技術を駆使した研究を推進します。

領域が近い研究者を探す

生物・生命系領域