波多江 龍亮 Hatae, Ryusuke

九州大学 病院助教※助成決定当時

2020稲盛研究助成生物・生命系領域

採択テーマ
リンパ球及び代謝産物解析による転移性脳腫瘍患者の免疫チェックポイント阻害剤に対する抵抗性の解明
キーワード
研究概要
様々な癌に対して劇的な効果を示してきたPD−1抗体をはじめとする免疫治療ですが、脳腫瘍に対しては効果が低いことがわかってきました。本研究では、PD-1抗体治療を行った脳転移脳腫瘍を伴う癌患者さんの血液において、代謝産物やリンパ球の活性化状態・エネルギー代謝状態を解析し、治療効果との相関を検討します。本研究により免疫代謝を軸に、脳腫瘍に対する免疫療法の不応答性メカニズムの解明を期待しています。

ひとこと

本研究を実施するにあたって、稲盛研究助成を受けられたことは大変光栄であり、身が引き締まる思いです。この研究をさらに発展させ、脳腫瘍の患者さんに新たな治療の希望を届けたく考えています。

領域が近い研究者を探す

生物・生命系領域