土松 隆志 Tsuchimatsu, Takashi

千葉大学 大学院理学研究院准教授※助成決定当時

2020稲盛研究助成生物・生命系領域

採択テーマ
野生ペチュニア集団における非自己認識型自家不和合性システムの実態解明
キーワード
研究概要
被子植物には,自己の花粉を認識して排除し,非自己の花粉のみを受容することで他家交配を促進し,集団の遺伝的多様性を維持する「自家不和合性」と呼ばれる仕組みが知られている.これまで報告されてきた自家不和合性の分子機構は,自己の花粉を雌しべが認識し排除する「自己認識」型だったが,近年ナス科ペチュニア属植物においてまったく新奇の「非自己認識」型システムが明らかになった.本研究は南米由来の多数の野生個体を用い,網羅的塩基配列解析を通して野生集団における非自己認識型自家不和合性の実態把握を目指す.

ひとこと

これまで数多くの優れた研究を支援してこられた稲盛財団研究助成に採択して頂き,大変光栄です.植物ならではの面白い仕組みやその進化を少しでも解明できたらと思っています.

領域が近い研究者を探す

生物・生命系領域