松本 知訓 Matsumoto, Tomonori

大阪大学 微生物病研究所助教※助成決定当時

2022稲盛研究助成生物・生命系

採択テーマ
倍数性変化に基づく癌薬剤耐性化機構の解明とその抑止戦略の開発
キーワード
研究概要
近年多様な抗癌化学療法が利用可能となってきていますが、癌はいずれ薬剤に耐性となってしまうため、薬剤耐性化の普遍的な機序を抑止する新たな治療戦略の開発が望まれます。抗癌剤治療によって癌細胞にはしばしば多倍体化と細胞老化が誘導されますが、癌細胞の倍数性変化や細胞老化の回避が、癌の薬剤耐性化の機序となっている可能性が報告されています。本研究では、癌の薬剤耐性化における倍数性変化と細胞老化回避の意義を明らかとし、これらを阻害する新しい治療戦略の創出につなげることを目指します。

ひとこと

このたびは、2022年度稲盛研究助成に採択していただき誠にありがとうございます。新しい治療戦略の開発につながる研究を行いたいと思います。

領域が近い研究者を探す

生物・生命系領域