若林 里衣 Wakabayashi, Rie

九州大学 大学院工学研究院助教※助成決定当時

2020稲盛研究助成生物・生命系領域

採択テーマ
ペプチド性超分子の物理的因子と細胞作用
キーワード
研究概要
生体内で機能する材料は、かたちやサイズ、かたさ等の様々な物理的因子に依存した作用を示します。本研究では、両親媒性ペプチドを基盤として様々な物理的因子を変化させた超分子を創製し、細胞に対する作用を検証します。細胞の状態と材料の物理的因子との相関を得ることで、標的細胞に対して高効率に作用可能な材料創製を目指します。

ひとこと

この度は稲盛研究助成に採択していだだき、深く感謝申し上げます。本助成によるご支援を活かして、材料の物性と細胞への作用の相関を明らかにし、生体機能性材料の開発につながる研究を行いたいと考えています。

領域が近い研究者を探す

生物・生命系領域