安部 力 Abe, Chikara

岐阜大学 大学院医学系研究科准教授※助成決定当時

2019稲盛研究助成生物・生命系領域

稲盛研究助成助成対象研究者データ

採択テーマ
前庭-交感神経反射を介する新たな抗炎症機構の解明
キーワード
研究概要
免疫系の恒常性には神経系が重要であることが知られています。神経系を介する免疫制御機構は,求心路,中枢と遠心路で構成されています。この中で,求心路と遠心路の役割については明らかになりつつあるのに対し,中枢のメカニズムはいまだ不明な点が多いままです。私たちはこれまで,延髄のC1ニューロンが自律神経を介する抗炎症効果に重要であることを報告してきました。この研究テーマでは,C1ニューロンを間接的に刺激できる前庭系に注目して,新たな抗炎症機構を明らかにしたいと考えています。

助成を受けて

稲盛研究助成に採択され,非常に光栄に思います。
私の成果が少しでも皆さんの役に立てるよう,全力で研究に取り組んでいきたいと思います。

領域が近い研究者を探す

生物・生命系領域