加藤 英明 Kato, Hideaki

東京大学 大学院総合文化研究科准教授※助成決定当時

2020稲盛研究助成生物・生命系領域

採択テーマ
GPCR-Gタンパク質複合体の形成過程における反応中間体の構造機能解析
キーワード
研究概要
申請者はこれまで、クライオ電子顕微鏡を用いpromiscuous GPCR (=複数種のGタンパク質を活性化可能なGPCR)であるニューロテンシン受容体(NTSR1)とGiについて、その複合体形成の中間体構造を決定してきた。様々な先行研究から、観測された中間体はpromiscuous GPCR全般に共通するものではないかと考えた申請者は、本研究においてNTSR1以外のpromiscuous GPCRとGタンパク質複合体の構造解析を行う。これにより複合体形成過程に潜む普遍的ルールの解明を目指す。

ひとこと

独創的な研究として評価いただき、非常に光栄に思います。期待を裏切らないようこれからも邁進していけたらと思います。

領域が近い研究者を探す

生物・生命系領域