長岡 創 Nagaoka, So

奈良県立医科大学 医学部助教※助成決定当時

2022稲盛研究助成生物・生命系

採択テーマ
マウス卵子の機能形成及び生存を保証する転写制御機構の解明
キーワード
研究概要
生殖細胞は、受精を経て、体を作る全ての細胞を生み出す力を持っており、祖先から私たちへと脈々と生命を繋いできた生命継承の要です。雌の生殖細胞である卵子は胎生期から段階的にその機能を構築していくのですが、胎児の中で行われている多くのプロセスは研究することが困難でした。近年、iPS細胞に代表される多能性幹細胞と呼ばれる分化能力に優れた細胞を用いて、生殖細胞を培養ディッシュ上にて誘導する手法が開発され、今までは難しかった実験方法を組み立てることができるようになりました。私たちはこの実験系を活用して胎児期にて生殖細胞が卵子へと分化するための始まりのプロセスを明らかにすることができました。この研究にて卵成熟過程での卵子の機能を生み出すのに必要な新規因子や、卵子の生存に必要な新規の因子を多くみつけました。本研究では、これら新たな因子群の機能の解析を介して、卵子の機能獲得・生存を保証する機構の解明を目指します。本研究の成果は不妊症や先天異常の原因究明の促進へと繋がり、生命継承が保証される仕組みを理解するうえでの重要な貢献ができると期待できます。

ひとこと

これまで多くの優れた研究者の方が助成を受けてきた伝統のある研究助成に採択いただき大変光栄に感じています。研究を発展させて社会に貢献できるように益々精進する所存です。

領域が近い研究者を探す

生物・生命系領域