近藤 梓 Kondoh, Azusa

東北大学 大学院理学研究科准教授※助成決定当時

2022稲盛研究助成生物・生命系

採択テーマ
強塩基性キラルブレンステッド塩基触媒を用いた非連続不斉炭素中心を有する光学活性化合物の合成法の確立
キーワード
研究概要
キラルブレンステッド塩基触媒を用いた不斉付加反応は、入手容易な基質から直接的に光学活性化合物を与える原子効率100%の環境調和型の不斉合成反応です。本研究では「強塩基性」「高度な基質認識能」「触媒合成の簡便性」を特長とする独自に開発したキラルブレンステッド塩基触媒用いて新たな不斉付加反応を開発し、これまで精密合成が困難であった「非連続不斉炭素中心を有する光学活性化合物」の包括的な不斉合成法の確立を目指します。

ひとこと

新たな医薬品や機能性有機材料の開発には、その元となる“欲しい化合物”を“選択的に”合成するための新たな有機合成技術の開発が必要不可欠です。これまでにない高効率かつ選択的な分子変換を実現することで、有用な精密有機合成ツールを提供することを目指しています。

領域が近い研究者を探す

生物・生命系領域