小和田 俊行 Kowada, Toshiyuki

東北大学 多元物質科学研究所助教※助成決定当時

2022稲盛研究助成生物・生命系

採択テーマ
細胞小器官同士の膜接触領域の形成と解離を光制御する化学ツールの開発
キーワード
研究概要
異なる細胞小器官の間に形成される膜接触領域は、脂質やカルシウムイオンなどの細胞内シグナル因子の伝達に重要であることが近年の研究で分かりつつあります。本研究では、これまでに我々が開発してきた細胞内蛋白質局在の光制御技術を発展させ、任意のタイミングで細胞小器官接触領域の形成と解離を光制御する化学ツールを開発します。

ひとこと

この度は栄誉ある稲盛研究助成に採択頂き、感謝するとともに身の引き締まる思いです。本助成により研究を発展させ、革新的な技術開発を目指します。

領域が近い研究者を探す

生物・生命系領域