三浦 恭子 Miura, Kyoko

熊本大学 大学院先導機構准教授※助成決定当時

2020稲盛研究助成生物・生命系領域

採択テーマ
最長寿齧歯類ハダカデバネズミにおける種特異的高発現遺伝子の役割の解明
キーワード
研究概要
ハダカデバネズミ(Naked mole-rat, デバ)は、マウスと同等の大きさながら、最長寿の齧歯類(平均 寿命 28 年)であり、顕著な老化耐性・がん化耐性の特徴をもちます。私達は、日本で唯一のデバの飼育拠点を立ち上げ、分子生物学的研究を進めています。本研究では、デバ種特異的に高発現する遺伝子(Deba-associated transcripts, DeBATs)に着目して機能解析を行い、老化耐性・がん化耐性との関連の評価を行います。

ひとこと

稲盛研究助成にご採択頂きましたこと、大変光栄です。ハダカデバネズミの老化耐性・がん化耐性の研究を通じて、日本の科学の発展に少しでも貢献していけたらと、気持ちを新たにしております。

領域が近い研究者を探す

生物・生命系領域