小玉 将史 Kodama, Masafumi

鹿児島大学 水産学部助教※助成決定当時

2022稲盛研究助成生物・生命系

採択テーマ
流れ藻生態系の形成過程とそのメカニズムの解明
キーワード
研究概要
海底から剥離して海面を漂流する海藻を「流れ藻」と呼びます。流れ藻上やその周辺には様々な小型葉上動物や魚類などが生態系が形成しており、ブリの稚魚をはじめ様々な水産重要魚類に生息場や策餌場を提供しています。
この流れ藻周辺の生態系は、流れ藻の漂流過程において、周囲の海洋環境の影響を受けつつ経時的に形成されていくと考えられますが、その実態は詳しく分かっていません。
本研究では、流れ藻上の生物群集構造やそれらの食物網構造が漂流過程でどのように形成されていき、また変化していくかを調べ、その背景にある海洋物理学的・生物学的メカニズムを解明することを目指します。

ひとこと

数多くの優れた研究を支えてきた稲盛財団の支援は大変光栄で、身が引き締まる思いです。流れ藻上には、周囲の海水中とは大きく異なる生物たちが生息し、独特の面白い生態系が形成されています。流れ藻ならではの生態系形成の過程やメカニズムを解明できればと思っています。

領域が近い研究者を探す

生物・生命系領域