小川 亜希子 Ogawa, Akiko

東北大学 加齢医学研究所助教※助成決定当時

2022稲盛研究助成生物・生命系

採択テーマ
新規RNA修飾代謝酵素による免疫応答制御の解明
キーワード
研究概要
RNA修飾は高次生命を調節する新しい分子機構である。修飾を受けたRNAは代謝後に修飾ヌクレオシドとして体液中に分泌され、申請者はその中でも細胞障害時に特異的に増加するN6-methyladenosine (m6A)が受容体を介して強力に免疫応答を惹起する新規液性因子であることを発見した。しかしm6Aシグナルの終焉につながる代謝経路は不明であるため、本研究では申請者が新たに同定した代謝経路の機能解析と免疫応答への関与を検証し、新しいRNA修飾の制御機構解明を目指す。

ひとこと

RNA修飾の代謝という視点から新しい核酸生理学を開拓し、研究を通じてこれまで治療法のなかった疾患の根治を目指したいと思います。

領域が近い研究者を探す

生物・生命系領域